高く売れるボディカラーは?

どうも、みつるです。

車は車種や年式、走行距離で大体の見積もりは出せますが、もう一つ重要な事があります。それが、ボディカラーです。

ボディカラーによっても車の買取価格は変わってきて、需要があるものほど高額査定になります。

需要があり、高額査定になるボディカラーは何かというと、黒、白、パールホワイトの3つです。

上記の3色は、車の流行に左右されず、無難な色な為、買取した後に業者が売りやすいので、プラス査定になります。

人気の3色とそれ以外の色とでは、軽自動車だと10万以上の差が、高級車になると30万以上の差が出てきたりします。

では、同じように比較的無難なシルバーはというと、ここが基準になっているのです。

シルバーが平均で、黒白パールホワイトがプラス、それ以外はちょっと人気の色に比べると避けられます。赤や青などの原色カラーは比較的避けられがちな色です。

その為、売る時の事を考えるなら無難な色のものを選ぶ方がいいですが、中古で買うなら人気のない色を買った方が安く手に入れることができます。

しかし、全ての車種がそうとは限りません。

私の車はイメージカラーなんていうものはない車ですが、車種によっては赤や青がイメージカラーになっているものもあります。

例えばフェラーリやインプレッサなどですね。

こういったイメージカラーがある車はその色のものがプラス査定になってきます。

このように車のボディカラーでも買取には大きく影響してくるので、是非カラーも参考にしながら調べてみると良いでしょうね。