車を売るために必要な書類

どうも、みつるです。

さて、車を売るために準備を進めているのですが、査定に出して、見積もりを出してもらい、そのまま売る事ができるのかと思っていたんですが、どうやらそうではないようです。

というのも、車を売るのには準備をしないといけない書類がたくさんあるんだそう。

その必要な書類っていうのが以下のようなものなんだそうです。

・自動車検査証(車検証)
・自動車納税証明書
・自賠責保険
・実印
・印鑑登録書
・住民票の写し
・委任状、譲渡証明書
・自動車リサイクル券

住民票の写しは住所が変わっている場合に必要になるようですが、今の所変わっていないのでこれは無くてもよさそう。委任状とかはこっちで準備するものではないみたいなので、これもなくてもよさそう。

そう考えると、実質必要なのは6つって事になるかなと思います。

車検証とリサイクル券はセットで入っているようなので、確認すればOKですね。

車検証というのは、車の所有者が誰なのかを証明するためのものです。車は所有者に書かれた人間しか売る事ができないので、必ず確認の為に必要になります。

ローンで買っている方が多いと思いますが、中にはローンを支払っている会社が所有者になっている事もあるので、その場合は所有権を変更しないといけなくなります。

納税証明書というのは、自動車税を納めたよっていう証明の事です。これもしっかりと払っていれば手元にあると思います。

車は自賠責の期限が過ぎていると売る事ができないので、必ず自賠責保険証というのが必要になってきます。ほとんどの場合はダッシュボードのグローブボックス内に入れているかなと思います。

それから実印と印鑑登録証明書は、売る時に必ず必要で、登録されているものである必要があります。

住所を変更していれば住民票の写しが必要になりますが、これは人によって様々だと思うので、確認しておく必要がありますね。例えば、賃貸で済んでいる時に住民票を移していて、車を売る時にはすでに実家に帰っていたり、他の賃貸物件に引越しをしている、という事は珍しくはないですからね。

これらの準備ができたら次は早速車を売りに出しましょう!