為替レートが、勢い付いて動くとき

為替レートは、

少しずつは上下しながらも緩やかに

上がるか下がるかの動きをしていくもののようです。

 

そんな時はFXトレードの安定期で、

大きく勝つとか負けるといったことはありませんよね。

でも動きに勢いが付いていく時ってあるのです。

 

毎日のように高値を更新続けるときがあって、

投資家がつるんで買いか売りに走っているかと疑いたくなりますよね。

 

でもそんな動きの時は、

どういったトレードをしたら良いか迷ってしまいますよね。

 

FX初心者としてはワクワクして、

自分もその波に乗って一儲けしたくなるものです。

 

でも往々にして美味しいところはプロトレーダーに

持っていかれると思いませんか。

静観した方が良いのかもしれませんよね。

FXが人気なわけ

誰にとってもお金は大切なもので、

円が一円上がっただけでも、

私たちの生活への影響力は大きいのです。

 

生活手段としてなくてはならないものに自動車がありますが、

輸入しなければならないガソリンの価格に跳ね返っていくのです。

 

そして私たちの生活に密着した

お金そのもの価値考えていく投資がFXなのです。

 

新しい形の投資としてまだ始まったばかりですが、

生活に密着したお金の変化を読むだけなのですから、

あまり難しく考えなくてもできるのが人気上層のわけなのでしょう。

 

身近な分野の投資として、

資金は少なくてもできるので、

家計を預かる主婦がお小遣い稼ぎができるのがFXなのです。

 

FXは1歩ずつ勝ちに繋げていく投資

FXを始めていくと、

どうしたら自分も勝てるのかを考えるようになっていきます。

 

ネットでは、プロのトレーザーが

「こうしたら勝てる」といって、

FXの必勝法を紹介したりしているので、

 

自分もそのようにしたら勝てると思って、

真似てトレードしますが、

結局旨くいかずに利益をものにできないのです。

 

これってあたりまえだと思いませんか。

 

FXに必勝法は存在しなくて、

誰でも勝てるものではないのです。

 

プロのやり方を参考にするのは良いでしょうが、

売りか買いの決済をするのは、

自分自身ですから勝ちを呼び込んでいくにはやはり、

一歩ずつ自分流の勝ち方を学んでいくしかないと思いませんか。

 

バイナリーとタブレット

ipadでバイナリートレードが趣味、という方がいまして、

最近はアンドロイド系のほうがいいかも、と言ってました。

 

ipadといえば画面がとっても見やすいですけど、

こまめに人気の機種であることも勝つためには大切だ、という性格の人なんです。

最近はアプリの数も増えてますが、

トレード中にバグで誤動作しないかどうかも気になります。

 

パソコンのOSには慣れていても、

モバイル系のOSはついつい単純に使ってしまいがちです。

 

またアンドロイド系のアプリはいろいろな不具合があり得ますし、

ipadのほうは発行元がしっかり管理してますけど。

自分も最近はキーボードなしのほうがやりやすいね、

などと実感しています。タッチも2、3回で済みますからね。

 

GDP発表!

毎日人間の体温以上の気温が続いていますが
そんな中、4・6月期のGDP年率が発表されました。

 

結果は2.6%増。3期連続のプラス。
一見すると良い傾向 と思われがちですが、
予想は3.6%だったので素直には喜べません。

 

この結果を受けてか1ドル95円までズドーンと円高に。

 

ちなみに午後11現在は1ドル96.59円と
朝と比べると若干円安になりました。

 

しかし油断は禁物です。お盆の時期もあり、
いつ95円台になってもおかしくない状況です。
下手をすれば94・93円台も有り得ない話じゃありません。

 

100円台の頃が懐かしいと、
ぼけ~っとしている暇はありません。
今のウチに手を打った方が良いかもしれない。

 

これをピンチと見るかチャンスと見るか?
それはアナタ次第です!

外貨預金よりも、、やっぱりFX!

ここのところちょっと
息切れ気味のアベノミクス的円安。

 

基調が進んでますけど、
外貨預金を一気に、
という方も多いみたいです。

 

そしてやはりFXも新規参入、
つまり口座開設者も増えたり、
休場トレーダーも春からリーグ出場のような感じですね。

 

でも外貨預金って手数料は高いですし、
銀行での仲介量の部分もありますから、
FXの利益を考えたら惹かれるのは当然ですよね。

 

外貨預金ってペイオフ対象外、
これも最近知りましたけど、
こうなると信託面が万全の
FXトレードを選ぶのは必須でしょう。

 

大きな過失とも言える
レバレッジに嵌らないようにすれば
問題ないと思います。

 

預金とはかなり違う中身ですからね、
円安に乗って行けば大きなチャンス到来!
という感じです。

最近のトレード

出勤前はなんともふがいない負けトレード、
そして出勤後は勝ちトレード

 

このパターンが半端なく続くのは何故だろう?

 

負けたといっても30pips程度ですが、
夜中に起き出してチャート睨んでいると
取れるかな、と思えるタイミングで入って、
そのまま予想が外れて早いタイミングで損切りしています。

 

出勤前ですから早い損切りができること、
そして出勤後は寝る前にある程度余裕があるんですが、
ここらへんで利確しておこうかな、
といつも半端なところで早切りしてしまいます。

 

やはりバランスが最悪なんですね、
これ以外に休みの日には大きく負けるときもあります。

 

トータルで勝つこともほぼないのが残念です。
スキャルに徹して仕事が終わって
すぐ寝ることにしようか迷ってます。。

 

ブラックスワンはいつどこに現れるか分かりません!!

突然の大幅な下落と共にロスカット!

 

結果は500万円を失うことに、、
このようなレバレッジ規制の
ベースとなったような話、
ほとんど聞くことはないだろうと
目を丸くして聞いていました。

 

その人、妻子からも見捨てられて、
挙句の果ては不況によるリストラ、
つまり会社からも捨てられてしまったそうです。

 

住宅ローンや頭金の資金として貯めていたお金、
結局は賃貸を追い出されて安アパートに暮らしているそうです。

 

負けた資金はどうやって返すのだろう?
借金するしかありません。

 

とにかく悪徳業者にだけはかからないように
しながら借りることができたのは幸い、
もちろんこれからは利息との戦いだそうです。

 

かなりリアルな話ですが、
こうやって書いているのもなんとなく気が引けます。

 

ブラックスワンはいつどこに現れるか分かりません!!